競馬初心者に役立つ予想ノウハウや考え方を伝授。競馬予想の基本をじっくり学んで実力を養うことが重要です。
TOPフリーエリア
 ※この部分に好きな内容を記入してください
TOPフリーエリアの説明
 このフリーエリアはサイトトップにのみ表示されます。広告掲載やブログ紹介など、ご自由にどうぞ!
 不要な場合は、<!--index_area-->~<!--/index_area--> の部分を削除して下さい
 フリースペースについての詳細は、フリースペースの編集についてをご覧下さい
過去10年の単勝人気別の成績をさかのぼって分かってきたことがあった。まず有馬記念を制した馬は、すべて単勝5番人気以内に支持されていたということに気づいた。ただ、5番人気で勝った3頭のうち2頭が単勝オッズ10倍台(1998年グラスワンダー=14.5倍、2005年ハーツクライ=17.1倍)だったこともあり2ケタ人気の馬にもチャンスはあるようだ。また、6番人気以下の馬からは、10頭が2、3着に入っているが、連対率、3着内率で見ていくと低調な数字を示しているようにデータ上では苦戦と言っていい。

有馬記念では、その年または前年の日本ダービーで3着以内に入った馬が連対する傾向をご存じだろうか。どちらも、日本競馬において多くの競馬ファンを動員する最高峰のレースであり質が高いことが好走要因として挙げられる。そこで求められる適性は大きな舞台ほど役立つと考えるべきだろう。今年の出走馬の、日本ダービーでの成績に注目してみてはいかがだろうか。

この10年で有馬記念20xxを優勝したのは、3歳馬と4歳馬が中心になっていることを馬券を買う上で忘れてはならないだろう。なぜか5歳以上の競走馬は、まったく勢いのない劣勢データを示している。調教技術の進歩や施設の改善などによって、競走馬の活躍期間が長くなっている反面、有馬記念では斤量的に有利な3歳馬(牡55キロ・牝53キロ)や充実期を迎えた4歳馬といった若い世代に有利なレースと言うことができる。

前走で出走していた単勝人気別の成績データを集めてみたところ、圧倒的な好成績を収めている傾向が分かってきた。それは、前走で単勝1番人気に支持されていた馬たちがやけに好走する確率が高いということである。。7頭の優勝馬を出している他、勝率、連対率、3着内率すべてのカテゴリーで高い好走率を叩きだしており馬券の狙いとして重要な要素を占めている。前走2番人気馬が続くが、前走3番人気馬から低調な成績になるため気を付けたいところ。こういったデータを駆使して有馬記念の予想を攻略していってほしい。
いよいよマカヒキの欧州第一戦が近づいてきた。相手は格下ばかりなようで勝ち方が問われるところ。
できれば圧勝して日本馬ここにありの力を示して欲しいが本番でマークがきつくなっては意味がない。
何とも悩ましいところだが、まずは無事に出走にこぎつけてもらいたい。

さて、スプリンターズSの前哨戦となるセントウルSがやってきた。夏競馬も終わりサマーシリーズのつまらなさを実感しつつ秋競馬の開幕となった。

低調なスプリント路線にあらわれたサクラバクシンオーの申し子ビッグアーサー。脅威のレコードで圧倒した高松宮記念は馬場が味方したという見方もあるようにここで地力を再確認したい。

短距離王ロードカナロアが一度も勝てなかったレースといういわくつなだけに58kgを背負って楽に勝てるほど楽な舞台ではない。
先を見越した仕上げならなおさら。負ける可能性も高いだけに他馬の単勝を買いつつプラス収支を目指していこう!
予想オッズ1番人気モーリス。ここでは能力は違うが初距離で割引必要。ただ、血統背景からこなせる余地が高いため消しまでにはいたらず。調教師や騎手のコメントを参考にして取捨を決めたい。この相手ならなんとななっても不思議はない。得意なのはマイルかも知れないがここで勝てるようなら天皇賞秋に弾みがつく。中距離に対応できると見ればマイル路線には行かない可能性も考えられる。それはそれで面白そうではあるが最強マイラーとしての地位も気になるところ。できればスクリーンヒーロー産駒どうしでの争いが見たいところだ。

さて、いらない消し馬の対象にすべきなのはヌーヴォレコルトである。もう旬が過ぎており武豊というのも手が合っておらず期待値は低い。予想オッズ2番人気のままなら消しでいい。意外と燃え尽きやすいハーツクライ産駒でもあり一度低迷すれば二度目の復活は難しいだろう。特に今年は2戦して勝ち負けできていない点は憂慮すべきだろう。もう、子供をうむべき牝馬ということもあり母親になりたがっている可能性もある。かつてのオークス馬ではあるが次々と追い抜かれてきた現状を重く考えたい。
やべえマジやべえ!すげー穴馬を当ててきやがった!

今日の小倉8Rは凄かったわ。15番人気ダイゴマサムネが2着に激走しやがった。
しかも公開予想だし、軸馬が勝ち馬だから獲れた人いたっぽい。3連単150万馬券だからウハウハだわな。

しかし、3頭しかピックアップしてないのに4番人気と15番人気の1、2着を当てるってありえんだろw
さすが1億円を当てた馬券師とタッグを組んで独自理論を次々と生み出してるだけあるわ。

とにかくムダな馬券を買わせないという意気込みが凄い。そら8年プラスにもなるよな。ちょっとマネできねえよ。
さんざん2chとかにコピられてきたサイトだから直前にしか見れないけど、まあ時間がある人は見ておかないと損するぞ、マジで。

kokura08.gif

若い馬ほど活躍する傾向があるアイビスサマーダッシュ。

ただ、今年は5歳馬以上の比率が高いことから荒れる予感がムンムンと漂わせている。あえて若い馬からいくという手もあるが買いづらい馬が揃ったこともあり狙いは絞りづらい。

芝の1000m戦は、北海道の新馬戦を除けば新潟でのみ施行されていることから圧倒的にデータが少ない。そのため思わぬ穴馬がでるというケースが大半で軸馬には実績馬をすえるほうが馬券は買いやすくなる。

この点からみて昨年の優勝馬ベルカントは非常に買いやすい1頭と言える。もう1つの傾向に牝馬が活躍しやすいこともあり軸馬としての人気は避けられそうもない。とりあえず買っておかなければならない馬と言えるだろう。

1000mでの実績があるネロやプリンセスムーンの人気もうなずけるところ。ただ、上で書いたように施行回数が少ない条件だけに常に穴馬が食い込んでくる余地がある。その点から実績馬から穴まで手広く買うのが攻略のセオリーになる。