京成杯2017予想

競馬初心者
01 /14 2017
京成杯2017予想を行う。中山競馬場の芝2000mということで追い込み馬の活躍は見ることが少ない。直線を迎える4コーナーまでには好位置をとっていたいレースと言えるだろう。

ジャングルポケット産駒アサギリジョーは2000mを中心としており経験が豊富。葉牡丹賞でもソコソコの競馬はしているだけにヒモあたりで加えておくのも悪くないだろう。あまりジャングルポケット産駒の活躍を聞かなくなり寂しいところだがダート馬だったなんてことはないよね。ここ2年で勝ち上がっているハービンジャー産駒アダマンティン。まだ未勝利を勝ったばかりだが配当を引き上げる可能性はすてきれずヒモで拾っておくことを検討しているところだ。血統も悪くないだけに中山競馬場での経験値を捨てるのはおしい感じもする。

ハーツクライ産駒アダムバローズは関西馬ということで中山まで初遠征してくることになる。京都2歳Sは期待はずれだっただけに不安を残すここで買う必要はない。ここはずばっと馬券からは外して考えたい。初年度を迎えるルーラーシップ産駒イブキ。久々で中距離への参戦と買い材料には乏しいか。とはいえ底を見せていないのも確かなだけに追い切りと調教師コメントで取捨を決めようと思う。

ステイゴールド産駒のウインガナドルは連闘策でのぞむ一戦。新潟2歳未勝利でレコードをだしているがマークされやすい逃げ馬だという点は思わしくない。ここはペースメーカー的な出走とみて軽視することにしたい。ステイゴールド産駒のオールザゴーは買わない。ダノンシャンティ産駒ガンサリュートは1800mばかりを使っての2000mへの挑戦。休み明けで輸送というのは微妙なところで厩舎的にたたきの可能性は高そうだ。

バゴ産駒のコマノインパルスは名前こそ地味に感じるもののレースぶりは悪くはない。あまり先を見込めないバゴ産駒ということもあり手薄な重賞レースでこそ買いなのは確かだろう。とりあえず馬券には入れておくべきか。デビュー勝ちが鮮烈だったヴィクトワールピサ産駒サーベラージュは人気を集めそう。まだ1勝馬でも素質が高いとは思うののキャリア不足が露呈することも考えておく必要がある。その点から本命にはしないものの馬連の相手候補で重視したいと考えている。

相性の良いハービンジャー産駒ベストリゾートを本命にする予定。前走は後方からの競馬となったものの外をまわり、それなりの脚を見せて上位に食い込んだことは評価したい。京成杯との相性が抜群のハービンジャー産駒であることを思えばオッズ的妙味も十分だろう。

ステイゴールド産駒マイネルスフェーンは、前走ハマった感もあっただけにラフィアンおなじみ騎手なら軽視してもいい。ただ、こういったハマりの血統はヒモでは買っておくべきだろうと思う。

愛知杯2017予想

競馬初心者
01 /13 2017
愛知杯2017予想する。中京競馬場の芝2000mは左回りで行われる。このコースと同じ左まわりの東京競馬場の適性は必須とかんがえていきたい。

アンジェリックは軽視するつもり。シンボリクリスエス産駒が好走するイメージがわかないからだ。斤量は51kgと軽いが実績がいまひとつで上昇の余地は少なそうだ。ディープインパクト産駒アンドリエッテは古馬になってから苦しんでいる馬。3歳馬のときは重賞レースでも好走しているだけにワンチャンスありそうな雰囲気があるだけに抑えにはまわすつもりだ。母系のデピュティミニスターは相性がよさそうに感じることもあり一発あれば高配当の馬券になる。

ウインリバティは連勝していた頃の記憶がすっかり色あせてしまった。最近は見映えのない戦績もさることながら追走力も下がっている印象を受けた。貴重なダンスインザダーク産駒だが、そろそろ血統の勢い的には終わりを迎えつつあるのかもしれない。ハービンジャー産駒のカゼルタは小回り向きのレースをしているのと左回りでの実績が乏しく好走の目は少ないと考えている。古馬になってからグイグイくるハービンジャーが不在で積極的には馬券に入れづらい。

マンハッタンカフェ産駒クインズミラーグロは、左まわりを中心に実績をあげてきていることに好感がもてる。重賞レースの好走実績はないものの前走のように思わぬ穴馬としての好走の目はありそうだ。3連系馬券のヒモには加えておいて高配当のハマリまちも悪くないだろう。トントン拍子で出世してきたクリノラホールはダイワメジャー産駒でスピード優位のタイプ。距離延長がカギになりそうだが今の勢いは無視しづらいのも確か。斤量53kgという点から重視しなくともヒモには入れておくべきだろう。

ステイゴールド産駒ゴールドテーラーはすでに7歳で上がり目は望めない。このあたりは思い切りよく切り捨てていきたい。キングカメハメハ産駒サブトゥエンティは出走してきても消しで良い1頭。地方から転入してきたサンソヴールはキングカメハメハ産駒で芝への転用もききそうなものの地方ダート主力の戦績では見送るほかない。ゼンノブロイ産駒シャルールは重賞レースで好走している実績をもつ。このメンバーでは明らかな上位馬ではあるものの近走は2ケタ成績でさえないのがネック。ここでは高配当を狙いたいので戦略的に馬券からは消したい。

愛知杯で有力候補に入るダイワドレッサーはネオユニヴァース産駒。牡馬とも互角の走りを見せてきただけに牝馬限定なら胸を張れる馬なのは間違いない。2000mは少し長い印象はあるものの立ち回り1つで何とかなりそうなイメージもある。ターコイズSでは全く競馬をしていないだけに疲れはないだろう。馬券の軸馬にすることはないが調教師コメントや追い切りで問題なければ厚めに買いたい1頭である。マンハッタンカフェ産駒ヒルノマテーラは重賞レースでも好走しており牝馬同志になればチャンスは大きくなる。相手候補として馬連を中心に厚めの馬券を購入したい。

本命はマキシマムドパリにする。キングカメハメハ産駒で秋華賞のG1レースで3着と地力に勝る馬なのは間違いなし。この相手なら素直に信頼してさくっと高配当まで期待することにしたい。

アメリカジョッキークラブカップ2017予想

競馬初心者
01 /13 2017
アメリカジョッキークラブカップ2017予想を当てるために必要なデータを考えてみたい。

中山競馬場の芝2200mで行われるトリッキーコースなためか極端な追い込みは届かない。また。逃げ馬が残るシーンも少なく好位集団が好走の大半をしめている。あまり極端な逃げや追い込み馬を重視することのないようにしたい。万馬券を狙うのならアリだがそうでなければ軽視するのがセオリーと言えるだろう。

いまいちなメンバーが集まるためかレースレベルは年によって差がでてくるようだ。そのためか1番人気がふるわないレースとして定着しつつある。1番人気よりも2番人気の成績が圧倒的に良いという謎現象が起きておりデータを信じるなら2番人気を重視して馬券を狙っていくのがいいだろう。1番人気の取り扱いは困るものの、2連系馬券ならおもいきって軽視する手もありそうだ。

こうした傾向があるため直前までオッズが入れ替わる可能性は否定できない。ゲンかつぎの人が増えれば思った以上にオッズが乱高下することもあるだろう。まずは、しっかりと出走馬の見極めを行っておくといい。

好走しやすい枠は3枠ということで内枠が有利とおもいきや1枠2枠の成績は悪い傾向があるようだ。3~6枠がベターであり極端な内枠や外枠では割り引いて考える必要がある。こうしたデータをもとに確実性の高い馬券を織り込んでいくと競馬予想が一層楽しいものとなるはずだ。

私が利用するkeibasite.comでは、フェアリーSで2万馬券を公開的中させたようにとびぬけた実績を持つ競馬予想サイトだ。9年も公開している万に一つのサイトという評価を受けている。ここが推奨する投資競馬は、近未来の競馬予想として注目を浴びておりこれからの躍進に期待がかかる。無料公開されている重賞レースのデータ分析は必見なのでぜひ目を通しておくことをおすすめしたい。

東海ステークス2017予想

競馬初心者
01 /11 2017
東海ステークス2017予想はフェブラリーSへとつながる重要なレースである。中京競馬場は左回りということもありステップレースとしての価値を有している。ダート1800mという距離はチャンピオンズカップと同じであることから、その流れで出走してくるケースも目立っている。G1レースで好走してきたような馬には逆らわないほうが賢明だろう。

2017年の注目馬はチャンピオンズカップで3着に入ったアグネスデジタル産駒アスカノロマン。2016年も勝利していることから連覇してもおかしくない実力馬と言えるだろう。ここからフェブラリーSでも好走していることもあり本番でも見過ごすことはできない。昨年と違う点は57kgから58kgに増える斤量だろう。そのことよりもどのくらい仕上げてくるかの方が重要で本番前の叩きレースであれば凡走の可能性も高まってくる。調教師コメントや追い切り調教などから体調に関する情報に注目しておきたい。

寒い時期のダートは凍結防止剤が混ぜられていることからダートの時計がかかりやすい。芝は育たないことで時計が遅くなるが、ダートは人工的な部分があることに気を付けたい。冬は乾燥するためダートの水分が飛ぶことも影響している。そのため事前に水をまくこともあるため時計の出方にきをつける必要がある。こうした冬のダートを得意とする馬もいるので狙い撃ちしてみると妙味のある馬券を買うことができる。そういったダート適性を考えていくことで東海S2017予想を攻略していく方法があることも知っておくべきだろう。

東海SはG2レースという2番目に高いグレードレースになる。そのためハイレベルなレースになりやすいことから、ここで好走した馬はフェブラリーSでも注意しておきたい。基本的には好位勢が強いレースであり追い込み馬には不利になることが多い。あまりスタートの遅い馬は馬券的に軽視するのが正解かも知れない。冬場のダートは大波乱が起こることもあるため、どういったデキで出走できるのか把握につとめることをおすすめしたい。

フェアリーSの公開予想で2万馬券を的中したkeibasite.comは1月の公開は終了したとのこと。2月から再開するようなので無料ユーザーは無料登録したら情報を得られると思う。ツイッターで相乗りする人も増えてきたため、そろそろ配当的な心配がでてきたようだ。9年プラスを証明している競馬予想サイトなので情報のクオリティはお墨付きなので利用してみるといいだろう。

独自の投資競馬を確立しているので色々と参考になる点があるはずだ。どこにもない一歩先をいく競馬理論を堪能できるサイトは早々ないだろう。


日経新春杯2017予想

競馬初心者
01 /04 2017
日経新春杯2017予想で必要なのは馬券を当てたいという意気込みです。たかだか過去のデータを見たぐらいでデータ分析した気にんってはいけません。そんなことをいくら掘り返したところで馬券は当たらないのですから。

京都競馬場の重賞レースで面白いのはきさらぎ賞と菊花賞ぐらいだろうか。あまりに馬場が速くなりすぎたことでレースとしての魅力は失われてきている。京都競馬場の芝2400mは外回りコースで行われるのだがペースが上がることは少なく直線に向いての上がり3ハロンの末脚勝負になることが多い。

たまに逃げ馬が残ることもあるが後ろの騎手がバカでないと基本成立しない。ただ単に馬の背中にまたがっている人を騎手と呼んでいるだけなのが日本競馬の実態なので逃げ残りを狙うというよりも常に買い目に入れておくべきだろう。中卒の騎手がいつやらかすかなんて予想するのは時間を無駄にするだけだ。

バカみたいな瞬発力勝負になるため血統的にはディープインパクト産駒が得意とする好走パターンになりやすい。近年はリピーター傾向が強くなっているため前年で好走しているシュヴァルグラン、レーヴミストラル、サトノノブレスが出走してきた場合は馬券で押さえておきたい。

日経新春杯2017予想で重要なのは実績もさることながらキレのある末脚を使えるかどうかも好走要因として重要になるレース。かといって追い込み馬が届くわけでもないため、ある程度の位置取りでレースを進めることが求められてくる。その点において器用さがある瞬発力馬を探して馬券に生かすことを考えたい。

冬の京都競馬場ということで超高速馬場にはならないものの他のコースよりも時計はでやすいため4コーナー8番手以内でうまく立ち回れる馬を重視したほうがよさそうだ。

ハンデキャップ重賞レースとなっているが軽ハンデがすべからく好走するわけではない。どちらかといえば斤量の重い実績馬でも十分に馬券圏内に絡むことがあるためケースバイケースで対処するべきだろう。ぱっと見て斤量だけで取捨を決めないように気を付けるべし。

ダンチー

2,329,320円也

▽競馬歴:15年

負けて当たり前の競馬でどうすればいいか競馬予想のノウハウを提言。弱者は自分に都合の良い真実を信じるが、強者は真実を見抜く。