フィリーズレビュー2017予想データ傾向

競馬初心者
02 /23 2017
報知杯フィリーズレビューは阪神競馬場の芝1400mで行われる桜花賞トライアル重賞レース。本番と同じ条件のトライアルであるチューリップ賞に有力馬が集まるためかG2グレードの割に評価は低く本番にもつながりにくい。人気馬と穴馬の組あわせで決まることが多く配当的な妙味が見込める。

関西で行なわれるレースということもあり、出走頭数、好走頭数ともに多いのは関西馬になる。ただ、好走率では関東馬の方が優勢というデータ傾向は見過ごせない。高配当や馬券を当てたければ関東馬の評価をしっかりと固めておく必要がある。

血統面ではサンデーサイレンス系が中心になりつつも、その他の血統の好走率は決して低いものではない。高配当や馬券を当てたいのならサンデーサイレンス系以外からの好走馬に目を配る必要がある。

こういった点を考慮して人気馬を軸に見込みのある穴馬までしっかりとカバーしておけば馬券の的中は問題ないはずだ。桜花賞よりも、このレース限定で走る1400mを得意とするタイプや早熟性の高い馬を有力視したいところ。

フィリーズレビュー2017予想ポイントをまとめてみたが追いきりタイムや調教コメントもしっかりと把握していこう。投資競馬で重要なことは情報をくまなく拾い集めることにある。よく分からないときはkeibasite.comの重賞レース分析を見るのが手っ取り早い。

キャリアの浅い馬たちのレースでありフケ(牝馬の発情期)がでてくる時期に近いことから一定の波乱リスクは常にあると考えておくべきだ。

阪神競馬場で行われるフィリーズレビューの決着時計は1分22秒台が平均となっており、京都競馬場より時計がかかることから単調なスピードだけでは坂でバテる可能性が高くなる。距離適性はマイルぐらいまであった方が確実性は高まるはずだ。

弥生賞2017予想展開

競馬初心者
02 /21 2017
皐月賞トライアルである弥生賞は、本番と同じ中山競馬場の芝2000mで行われる。その点から2017年の弥生賞を予想するにあたり先々まで活躍が見込める馬に注目していきたい。ただ、気を付けないといけない点は、2010年のヴィクトワールピサまでさかのぼらないと皐月賞の勝ち馬が弥生賞からでていないことにある。それでも勝ち馬であれば馬券圏内の好走が期待できることから軽視できない路線であることに変わりはない。

弥生賞の好走血統をみるとサンデーサイレンス系がメインであることは疑いようがない。これだけだと馬券に生かすことはできないが繁殖牝馬の血統を見ておくとある共通点が浮かび上がった。それは、ノーザンダンサー系が入った牝系の活躍が目立つこと。特に最近はフレンチデピュティを持った馬が活躍することに注目しておきたい。大体ノーザンダンサー系は入っているものなので母の父で重視していくと良い結果が得られそうだ。

基本的にスローペースで展開されていくため、好走タイプには先行馬が多いのは自然だろう。4コーナー4番手にいるような馬は好走率が高い傾向にある。ただ、2014年の馬場改修のせいか近年は4コーナー8番手ぐらいにいる差しタイプでも好走するケースが目立っている。その点から考えると極端な追い込み馬でなければ減点する必要はないのかもしれない。

弥生賞のレース展開的に穴馬がでるとしたら逃げ馬だろう。特に大逃げしそうな馬がいるようなら人気薄でも馬券にいれておくと思わぬ高配当にありつけるかもしれない。脚質の中で唯一プラス回収率になるのが逃げ馬という存在だからだ。こうしたデータ傾向から常に逃げ馬はマークしておく必要がある。

土曜には桜花賞トライアルの桜花賞が開催される。こちらも牝馬路線のクラシックとして注目しておきたい。フランケル旋風は引き続き2017年でも吹き荒れるのか、それとも新たな風が吹きこむのか。ディープインパクト産駒ではファンディーナという大物牝馬が高い評価を集めている。こちらは桜花賞には向かわない可能性が高い。

もし、皐月賞に駒を進めるようなことがあればパッとしないクラシック路線も大いに盛り上がるが、あまり実現する可能性が高いとは言えない。もしかしたら日本ダービーでウオッカ以来の牝馬が制するシーンを目撃することになるのかもしれない。

中山記念2017出走予定馬

競馬初心者
02 /09 2017
中山記念2017出走予定馬は以下の馬が登録していました。

・アンビシャス
・リアルスティール
・ロゴタイプ
・マルターズアポジー

■アンビシャス
ディープインパクト産駒の5歳馬。ラジオNIKKEI賞、産経大阪杯を勝利している重賞ウイナー。G1レースの最高着順は2016年に行われた天皇賞秋の4着。前走の騎手は横山典弘。2016年の中山記念ではドゥラメンテに肉薄し惜しい2着になっている。今年は予想オッズ1番人気なってもおかしくない有力馬の一角になる。間隔をあけつつ計画的にレースに出走しており復帰初戦と言っても勝ちを狙ってきた一戦といえそうだ。

■リアルスティール
ディープインパクト産駒の5歳馬。国内の重賞レースは共同通信杯のみとなっているが、海外ではドバイターフでG1レースを制している。2016年の天皇賞秋ではアンビシャスを上回る2着に好走している。2016年の中山記念では差のない3着に好走していることから予想オッズは肉薄したもになることが予想される。休み明けの好走率は100%と鉄砲が利くタイプだけに初戦から好勝負になりそうだ。

■ロゴタイプ
ローエングリン産駒の7歳馬。朝日杯フューチュリティステークス、皐月賞を勝ち2016年には安田記念を制している実績馬。父を超える活躍から種牡馬への道が期待されるが現役続行していくようだ。2016年の天皇賞秋では5着と衰えは見せていない。2016年の中山記念では7着と振るわなかっただけに叩き台としてレースに使う可能性もある。

■マルターズアポジー
ゴスホークケン産駒の5歳馬。福島記念で初重賞レースを制した。有馬記念では15着に惨敗している。まだ手薄なローカル重賞レースしか勝っておらず実績的には見劣るのは否めない。福島記念ではアメリカジョッキークラブカップ2着のゼーヴィントに先着しておりG2レースでも通用する可能性はありそうだ。マイナー血統の逃げ馬だけに未知数な部分を残している。中山競馬場との相性はいいだけに展開次第では一発があるかもしれない。

重賞レース分析はkeibasite.comのデータ傾向を見ると把握しやすい。実績のある馬が集っている2017年は大荒れの可能性は低そうだ。

競馬必勝法のウソ

競馬初心者
11 /12 2016
ネット初期は、データをまさぐれば勝てた時代もあるが、高度情報社会となった今では通用しない。

ボタン一つで初心者でもデータ分析が出来てしまうTARGET(ターゲット)は画期的なソフトであるがゆえに、利用者が多くなればなるほどオッズは低くなってしまい自然とうま味はなくなる。
一般化した今では、ターゲットを利用して当たり前であり、金がもったいないから利用しないという人間は絶対に勝つことはできない。
スタートラインに立っていないのと同じで馬券を買うだけ無駄である。
最低限必要な情報さえ分からない人は色々と無駄なので、とっとと止めた方がいい。

いまだ競馬情報商材が横行しているようだが、根本的に“手法”で勝てるほど競馬には必要な情報が揃っていない。
情報が揃っているレースがあるとしても、見抜いたかどうかはレース後にしか分からず事前に証明する手段がない。
全ては不確定事項を前提に予想するわけで、結果が出て初めて必勝法となるものは矛盾している。

つまり、どう着順に入るかまで事前に予想し証明できなければ必勝法でも何でもないわけだ。
事前に証明する手段などないので完璧な競馬必勝法はないことになる。

勝つ確率が高い手法は存在するが、リスクをゼロにすることはできない。
勝てる・勝てたのは3連単オッズのバラツキをついたユープロ系の投資手法だが、いまの抜け目がない3連単オッズでは厳しい。
しかも税金を加算されると破産できない借金を背負うオマケつきである。
今となっては利よりリスキーでしかない危険な投資手法となってしまった。

限定的にリスクが少ない投資法は存在しえるだけに、探すなら低リスクの投資手法の模索に目を向けた方が現実的である。

それを実現できるサイトと言えばkeibasite.comだろう。無料で情報公開し圧倒的な実力を見せつけている。
今までにない高精度な手法により分析されてから出された買い目を自分の好きなファクターでカスタマイズするだけで自分だけのオッズゾーンでプラス収支を目指すことができる唯一のサイトと言ってもいい。

実際にハズレても手に取るように分かる精度の高さは実感できるところでここならと思わせてくれる。
誰も狙い撃ちできないような穴馬で8年プラスを達成してきたのもすごいところだ。

ほかに無料で配信されている軸馬は物凄い精度を誇っている。これはエージェントから得られる馬体診断の成果だそうで今までにない投資競馬を実現してくれるのではないかという期待感であふれている。

まずは、あなた自身の眼でその実力を体感してみてはいかがだろうか。

参考:競馬必勝法

ダンチー

2,329,320円也

▽競馬歴:15年

負けて当たり前の競馬でどうすればいいか競馬予想のノウハウを提言。弱者は自分に都合の良い真実を信じるが、強者は真実を見抜く。