京成杯2017予想

競馬初心者1
01 /14 2017
京成杯2017予想を行う。中山競馬場の芝2000mということで追い込み馬の活躍は見ることが少ない。直線を迎える4コーナーまでには好位置をとっていたいレースと言えるだろう。

ジャングルポケット産駒アサギリジョーは2000mを中心としており経験が豊富。葉牡丹賞でもソコソコの競馬はしているだけにヒモあたりで加えておくのも悪くないだろう。あまりジャングルポケット産駒の活躍を聞かなくなり寂しいところだがダート馬だったなんてことはないよね。ここ2年で勝ち上がっているハービンジャー産駒アダマンティン。まだ未勝利を勝ったばかりだが配当を引き上げる可能性はすてきれずヒモで拾っておくことを検討しているところだ。血統も悪くないだけに中山競馬場での経験値を捨てるのはおしい感じもする。

ハーツクライ産駒アダムバローズは関西馬ということで中山まで初遠征してくることになる。京都2歳Sは期待はずれだっただけに不安を残すここで買う必要はない。ここはずばっと馬券からは外して考えたい。初年度を迎えるルーラーシップ産駒イブキ。久々で中距離への参戦と買い材料には乏しいか。とはいえ底を見せていないのも確かなだけに追い切りと調教師コメントで取捨を決めようと思う。

ステイゴールド産駒のウインガナドルは連闘策でのぞむ一戦。新潟2歳未勝利でレコードをだしているがマークされやすい逃げ馬だという点は思わしくない。ここはペースメーカー的な出走とみて軽視することにしたい。ステイゴールド産駒のオールザゴーは買わない。ダノンシャンティ産駒ガンサリュートは1800mばかりを使っての2000mへの挑戦。休み明けで輸送というのは微妙なところで厩舎的にたたきの可能性は高そうだ。

バゴ産駒のコマノインパルスは名前こそ地味に感じるもののレースぶりは悪くはない。あまり先を見込めないバゴ産駒ということもあり手薄な重賞レースでこそ買いなのは確かだろう。とりあえず馬券には入れておくべきか。デビュー勝ちが鮮烈だったヴィクトワールピサ産駒サーベラージュは人気を集めそう。まだ1勝馬でも素質が高いとは思うののキャリア不足が露呈することも考えておく必要がある。その点から本命にはしないものの馬連の相手候補で重視したいと考えている。

相性の良いハービンジャー産駒ベストリゾートを本命にする予定。前走は後方からの競馬となったものの外をまわり、それなりの脚を見せて上位に食い込んだことは評価したい。京成杯との相性が抜群のハービンジャー産駒であることを思えばオッズ的妙味も十分だろう。

ステイゴールド産駒マイネルスフェーンは、前走ハマった感もあっただけにラフィアンおなじみ騎手なら軽視してもいい。ただ、こういったハマりの血統はヒモでは買っておくべきだろうと思う。

愛知杯2017予想

競馬初心者1
01 /13 2017
愛知杯2017予想する。中京競馬場の芝2000mは左回りで行われる。このコースと同じ左まわりの東京競馬場の適性は必須とかんがえていきたい。

アンジェリックは軽視するつもり。シンボリクリスエス産駒が好走するイメージがわかないからだ。斤量は51kgと軽いが実績がいまひとつで上昇の余地は少なそうだ。ディープインパクト産駒アンドリエッテは古馬になってから苦しんでいる馬。3歳馬のときは重賞レースでも好走しているだけにワンチャンスありそうな雰囲気があるだけに抑えにはまわすつもりだ。母系のデピュティミニスターは相性がよさそうに感じることもあり一発あれば高配当の馬券になる。

ウインリバティは連勝していた頃の記憶がすっかり色あせてしまった。最近は見映えのない戦績もさることながら追走力も下がっている印象を受けた。貴重なダンスインザダーク産駒だが、そろそろ血統の勢い的には終わりを迎えつつあるのかもしれない。ハービンジャー産駒のカゼルタは小回り向きのレースをしているのと左回りでの実績が乏しく好走の目は少ないと考えている。古馬になってからグイグイくるハービンジャーが不在で積極的には馬券に入れづらい。

マンハッタンカフェ産駒クインズミラーグロは、左まわりを中心に実績をあげてきていることに好感がもてる。重賞レースの好走実績はないものの前走のように思わぬ穴馬としての好走の目はありそうだ。3連系馬券のヒモには加えておいて高配当のハマリまちも悪くないだろう。トントン拍子で出世してきたクリノラホールはダイワメジャー産駒でスピード優位のタイプ。距離延長がカギになりそうだが今の勢いは無視しづらいのも確か。斤量53kgという点から重視しなくともヒモには入れておくべきだろう。

ステイゴールド産駒ゴールドテーラーはすでに7歳で上がり目は望めない。このあたりは思い切りよく切り捨てていきたい。キングカメハメハ産駒サブトゥエンティは出走してきても消しで良い1頭。地方から転入してきたサンソヴールはキングカメハメハ産駒で芝への転用もききそうなものの地方ダート主力の戦績では見送るほかない。ゼンノブロイ産駒シャルールは重賞レースで好走している実績をもつ。このメンバーでは明らかな上位馬ではあるものの近走は2ケタ成績でさえないのがネック。ここでは高配当を狙いたいので戦略的に馬券からは消したい。

愛知杯で有力候補に入るダイワドレッサーはネオユニヴァース産駒。牡馬とも互角の走りを見せてきただけに牝馬限定なら胸を張れる馬なのは間違いない。2000mは少し長い印象はあるものの立ち回り1つで何とかなりそうなイメージもある。ターコイズSでは全く競馬をしていないだけに疲れはないだろう。馬券の軸馬にすることはないが調教師コメントや追い切りで問題なければ厚めに買いたい1頭である。マンハッタンカフェ産駒ヒルノマテーラは重賞レースでも好走しており牝馬同志になればチャンスは大きくなる。相手候補として馬連を中心に厚めの馬券を購入したい。

本命はマキシマムドパリにする。キングカメハメハ産駒で秋華賞のG1レースで3着と地力に勝る馬なのは間違いなし。この相手なら素直に信頼してさくっと高配当まで期待することにしたい。

日経新春杯2017予想

競馬初心者1
01 /04 2017
日経新春杯2017予想で必要なのは馬券を当てたいという意気込みです。たかだか過去のデータを見たぐらいでデータ分析した気にんってはいけません。そんなことをいくら掘り返したところで馬券は当たらないのですから。

京都競馬場の重賞レースで面白いのはきさらぎ賞と菊花賞ぐらいだろうか。あまりに馬場が速くなりすぎたことでレースとしての魅力は失われてきている。京都競馬場の芝2400mは外回りコースで行われるのだがペースが上がることは少なく直線に向いての上がり3ハロンの末脚勝負になることが多い。

たまに逃げ馬が残ることもあるが後ろの騎手がバカでないと基本成立しない。ただ単に馬の背中にまたがっている人を騎手と呼んでいるだけなのが日本競馬の実態なので逃げ残りを狙うというよりも常に買い目に入れておくべきだろう。中卒の騎手がいつやらかすかなんて予想するのは時間を無駄にするだけだ。

バカみたいな瞬発力勝負になるため血統的にはディープインパクト産駒が得意とする好走パターンになりやすい。近年はリピーター傾向が強くなっているため前年で好走しているシュヴァルグラン、レーヴミストラル、サトノノブレスが出走してきた場合は馬券で押さえておきたい。

日経新春杯2017予想で重要なのは実績もさることながらキレのある末脚を使えるかどうかも好走要因として重要になるレース。かといって追い込み馬が届くわけでもないため、ある程度の位置取りでレースを進めることが求められてくる。その点において器用さがある瞬発力馬を探して馬券に生かすことを考えたい。

冬の京都競馬場ということで超高速馬場にはならないものの他のコースよりも時計はでやすいため4コーナー8番手以内でうまく立ち回れる馬を重視したほうがよさそうだ。

ハンデキャップ重賞レースとなっているが軽ハンデがすべからく好走するわけではない。どちらかといえば斤量の重い実績馬でも十分に馬券圏内に絡むことがあるためケースバイケースで対処するべきだろう。ぱっと見て斤量だけで取捨を決めないように気を付けるべし。

京都金杯2017予想オッズから好走馬を探る

競馬初心者1
12 /28 2016
京都金杯2017予想について語る競馬初心者ブログ!

京都金杯は京都競馬場の外回り芝1600mで行われるG3ハンデキャップレース。このレースは荒れると言われるように難解な一戦になりがちではあるが調教師コメントをよく見て体調の良い馬を買うようにすれば勝率は上がってくる。特に逃げ馬には注意が必要で先行馬も有利となるため差して競馬するような馬を狙うのは避けるべきだろう。追い込み馬なんて狙わんでええ。そんなくらいの気持ちで京都金杯2017の馬券を買うべきだと思う。

毎年のように馬場バイアスが効いてくるため、どういった傾向にあるのか発走まえに掴んでおくと何の馬券を買うべきか見えてきやすい。冬枯れの芝でもそれなりの勝ち時計になりやすいことから、あまり大外に入ったような馬を買うべきではないだろう。ディープインパクト産駒が強さを見せることもあり王道血統は常にマークしておきたい。

早くからマイラーの呼び声が高かったエアスピネルが満を持して登場してくる。かなりの人気を集めており実際予想オッズでも単勝オッズ1.8倍と集中的な支持を受けている。菊花賞後はここ1本という本気度の高いローテーションを組んでいることから負けられない一戦として参戦してくるのは間違いない。こういった背景からも馬券には欠かせない1頭になることは間違いないと言えよう。父キングカメハメハの勢いは薄れてきた感はあるがエアスピネルが再度流れを作っていくことで今後の楽しみが増えてくる。

早くから期待が大きかったダイワメジャー産駒アストラエンブレムも参戦する。京都金杯2017と同じ舞台となる重賞レースシンザン記念では期待に応えられず4着に終わっている。その後は自己条件から仕切りなおして再び重賞レースに挑戦と順調な過程をたどっている。トントン拍子の出世ぶりから能力の高さは間違いないところで、いよいよ重賞レース初制覇の期待もかかるところだ。裏街道を歩んできたため人気では水をあけられているが侮れない一頭には違いない。

ディープインパクト産駒ガリバルディは3番人気ながら重賞レースを制覇している馬。昨夏の中京記念では見事な末脚を披露しての勝利を収めている。G1レースに挑戦したマイルチャンピオンシップでは00.3秒差の7着と着実に上昇しているようにここでも十分好勝負になっておかしくない。明け4歳馬が底知れないだけに人になっているが現実的にデータを見る人ならガリバルディで勝負する選択肢があってもいいだろう。

9年プラス収支の確実性が高い情報を得たいのならkeibasite.comしかない。ツイッターで事前公開してプラス収支してきた実力を他を見ることはできない。事実上、勝てる競馬予想サイトの選択肢は1つしかないと言える。

有馬記念2016予想で確実に勝つ方法

競馬初心者1
12 /22 2016
有馬記念2016予想を確実に当てる方法を教えます。絶対というわけではなく確実性が高い手法を紹介するのですが、それでも普通に買うよりも当たりやすいと思います。

有馬記念2016予想では、keibasite.comのデータで優位な判定を受けたキタサンブラックを軸馬にして下さい。ここまで順調な過程でレースを望める可能性が高く死角が見当たりません。昨年は3着だったものの今年は本格化してパワーアップしているため1着を狙える立ち位置にいるのは確かなはず。今まで評価されてこなかったように2番人気になる可能性が高く信頼できる軸馬としておすすめします。

有馬記念はリピーターレースなので相手は自然と決まってきます。昨年の有馬記念1~4着馬は無条件に購入して下さい。馬名は、サウンズオブアース、マリアライト、ゴールドアクター、上記のキタサンブラックになります。ビシっと軸馬が決まれば利益はでるので下手に切ることはしないでください。

では、3歳馬はどうするのか?もちろん菊花賞を圧勝したサトノダイヤモンドは人気でも買わなければならない一頭になります。あれこれと考える必要はなくささっと馬券に加えてください。

これで私がおすすめする馬券の完成です。keibasite.comのマネですが馬連・馬単・3連複で馬券購入してください。資金に余裕がある人は3連単でも構いませんよ。

過去のデータから見て確実性の高い買い方をしているため馬券が当たる確率はとんでもなく高い!そして、軸馬が1着に入れば十分な利益を望める攻守バランスの取れた馬券でしょう。

こうした投資馬券がいま若い人を中心に流行っています。競馬予想サイトで1番人気があるkeibasite.comの買い目を使って大儲けしている人が後を絶ちません。やることが買い目のカスタマイズだけだら圧倒的にラクなんです。

しかも今年で9年プラス収支を確定さえた唯一の競馬予想サイト。買い目をツイッターにあげているのでウソ偽りはありません。ほかの競馬予想サイトでは絶対にマネできないことをやってのける最強サイトだからこそ信頼できる!

投資って勝てる人なら早く始める方が有利なのをご存じですか?それは情報が同じなら経験値が高いほうが利益を生むことが当的データから明らかになっているからです。モジモジと迷っている人生から脱出して年末のハワイ旅行を定番としたい方は、まずはカンタンな競馬投資から始めることをおすすめします。

競馬予想サイトは【keibasite.com】を打ち込んでアクセスしてみると人生変わりますよ。

>> 競馬予想JRA-VAN

ダンチー

2,329,320円也

▽競馬歴:15年

負けて当たり前の競馬でどうすればいいか競馬予想のノウハウを提言。弱者は自分に都合の良い真実を信じるが、強者は真実を見抜く。