チャンピオンズカップ2016予想オッズ - 勝つのは

競馬初心者7
11 /29 2016
チャンピオンズカップ2016予想オッズを検証していくことでチャンピオンズカップ2016で買うべき馬が見えてくる!昨年はデムーロ騎乗の牝馬アsンビスタが勝つ驚きの結果となった。今まで牝馬は通用しないというのがセオリーだっただけに中京競馬場のダート1800mはなにが起こるのか予想できない。

モーニン

さて、チャンピオンズカップ2016予想オッズは以下の通り。

1 アウォーディー 1.9
2 ノンコノユメ 5.7
3 ゴールドドリーム 7.0
4 コパノリッキー 10.2
5 モーニン 10.4
6 サウンドトゥルー 11.6
7 ホッコータルマエ 13.0
8 アポロケンタッキー 20.3
9 アスカノロマン 36.3
10 ラニ 44.4
11 ロワジャルダン 54.6
12 タガノトネール 70.8
13 カフジテイク 72.0
14 メイショウスミトモ 351.6
15 モンドクラッセ 577.7
16 ブライトライン 660.2
17 ブライトアイディア 1406.5


ダート転向から6連勝を飾ったジャングルポケット産駒の異端児アウォーディーが1番人気に支持されている。武豊を背に地方競馬統一G1レースのJBCクラシックで初G1レース制覇を飾り勢いは止まりそうもない。血統だけで見ていくと母も父も芝血統なので生まれてきた仔たちはダートで活躍しているから遺伝は面白いチャンピオンズカップ2016予想の血統派たちはこの馬をどう評価すうrのだろう。やはりデータ傾向に沿わない馬だけに軽視するのだろうか。芝でも重賞レースで好走してきた器だけに元々のポテンシャルの高さはうかがえた。どうしても瞬発力では勝てないからこそダート転向が功を奏したのだろう。天皇賞秋を勝ったヘヴンリーロマンスを覚えているだろうか。かなり低い評価だったにも関わらず牡馬たちを退けた一発屋のイメージが強い。しかし、その仔たちがダートで走っているのを見ると母も実は適性があったのだろう。しかし、グレイソブリンのダート馬はあまりなじみがない。最近はサンデーサイレンスかミスタープロスペクターかデピュティミニスターといった流れができていた。その流れの中で誕生したG1ホースは今の日本競馬の変わりゆく流れを指し示しているのかも知れない。この馬のラップを見ていくと分かるがどんな流れにでも対応できるタイプで大崩れは考えにくい。他の人気馬は頼りないだけにチャンピンズカップ2016予想オッズ通り人気は一極集中する可能性が高い。つけてきた着差はそこまででもないが精神安定剤としての役割を考慮すると競馬初心者にもおすすめの一頭と言える。

しかし、私が勝つと思っている馬は違う。その馬の名前はコパノリッキーである。チャンピオンズカップになってから2年連続出走しいずれも大敗するという見所のない競馬が続いている。いつも直前までは好調なのに中京競馬場になったとたんにいつもの走りができなくなってしまう。そんなことがあるのだろう。どうも何かJRAにだまされているのではないか。もちろん地方競馬で強くても中央競馬ではイマイチという馬はたくさんいる。この馬もそういう馬だと言えば分かるがいまいち納得できない。とても捻くれた馬らしい、もしかしたら人気を察知していると考えている。なぜ分かるのか説明すると、まず1番人気を背負うと少なからず上に乗る騎手が緊張するはずだ。なにかソワソワしたりすることでコパノリッキーも騎手の不安を感じ取りスピードを緩めてしまうのではないか。大舞台に強い武豊であればきちんと成果をだしているだけに乗り代わりになったのはマイナスに見える。いや、だからこそ買いなのだ。チャンピオンズカップ2016予想オッズの人気は4番人気と低くなった。これは思い切った逃げを打てるチャンスが到来したことを意味している。もし、ジャパンカップのキタサンブラックのように単騎で軽快に逃げられれば結果は今までにないものとなるはずだ。

競馬初心者ブログではコパノリッキーを本命に推す!


関連記事

ダンチー

2,329,320円也

▽競馬歴:15年

負けて当たり前の競馬でどうすればいいか競馬予想のノウハウを提言。弱者は自分に都合の良い真実を信じるが、強者は真実を見抜く。