脱・競馬初心者ブログ

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都金杯2017予想オッズから好走馬を探る

京都金杯2017予想について語る競馬初心者ブログ!

京都金杯は京都競馬場の外回り芝1600mで行われるG3ハンデキャップレース。このレースは荒れると言われるように難解な一戦になりがちではあるが調教師コメントをよく見て体調の良い馬を買うようにすれば勝率は上がってくる。特に逃げ馬には注意が必要で先行馬も有利となるため差して競馬するような馬を狙うのは避けるべきだろう。追い込み馬なんて狙わんでええ。そんなくらいの気持ちで京都金杯2017の馬券を買うべきだと思う。

毎年のように馬場バイアスが効いてくるため、どういった傾向にあるのか発走まえに掴んでおくと何の馬券を買うべきか見えてきやすい。冬枯れの芝でもそれなりの勝ち時計になりやすいことから、あまり大外に入ったような馬を買うべきではないだろう。ディープインパクト産駒が強さを見せることもあり王道血統は常にマークしておきたい。

早くからマイラーの呼び声が高かったエアスピネルが満を持して登場してくる。かなりの人気を集めており実際予想オッズでも単勝オッズ1.8倍と集中的な支持を受けている。菊花賞後はここ1本という本気度の高いローテーションを組んでいることから負けられない一戦として参戦してくるのは間違いない。こういった背景からも馬券には欠かせない1頭になることは間違いないと言えよう。父キングカメハメハの勢いは薄れてきた感はあるがエアスピネルが再度流れを作っていくことで今後の楽しみが増えてくる。

早くから期待が大きかったダイワメジャー産駒アストラエンブレムも参戦する。京都金杯2017と同じ舞台となる重賞レースシンザン記念では期待に応えられず4着に終わっている。その後は自己条件から仕切りなおして再び重賞レースに挑戦と順調な過程をたどっている。トントン拍子の出世ぶりから能力の高さは間違いないところで、いよいよ重賞レース初制覇の期待もかかるところだ。裏街道を歩んできたため人気では水をあけられているが侮れない一頭には違いない。

ディープインパクト産駒ガリバルディは3番人気ながら重賞レースを制覇している馬。昨夏の中京記念では見事な末脚を披露しての勝利を収めている。G1レースに挑戦したマイルチャンピオンシップでは00.3秒差の7着と着実に上昇しているようにここでも十分好勝負になっておかしくない。明け4歳馬が底知れないだけに人になっているが現実的にデータを見る人ならガリバルディで勝負する選択肢があってもいいだろう。

9年プラス収支の確実性が高い情報を得たいのならkeibasite.comしかない。ツイッターで事前公開してプラス収支してきた実力を他を見ることはできない。事実上、勝てる競馬予想サイトの選択肢は1つしかないと言える。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。