脱・競馬初心者ブログ

ARTICLE PAGE

シンザン記念2017予想ひとかせぎ

シンザン記念2017予想は面白そうな一戦で馬券検討もやりがいがあります。

シンザン記念は、京都競馬場の芝1600m外回りというレイアウトで行われる3歳馬どうしの重賞レース。グレードはG3と高くはないものの牡馬三冠オルフェーヴルや牝馬三冠ジェンティルドンナがここをステップにクラシックを席巻したことを考えると将来を占う意味で重要な一戦と言えるのではないでしょうか。

シンザン記念を予想する前に必要なデータ傾向についてふれていきたいと思います。京都金杯のあとに行われるわけですが開幕週のレースとなるため逃げ先行が残りやすいのがデータ傾向として顕著になっています。

2017年も逃げ馬には気を付けたいですね。馬券的には必ず入れておきたい脚質だと思います。その点において差しの脚質は狙いづらいと言えるわけで券種的に悩むのならそこでしょう。

つねに末脚が届きにくいことを想定しておくべきだと思います。逃げ先行の単勝でプラスになる狙いとか面白そうですね。これでプラスになれば他の券種を狙う必要もなくなります。

キャリアの少ない3歳馬ということで荒れやすいレースになります。シンザン記念2017予想に向けた対策はしっかりとしておいた方がいいでしょう。特にディープインパクト産駒がいれば相性が良いので馬券を買っておきたいですね。

予想オッズ1番人気はペルシアンナイトということでハービンジャー産駒になります。母親は、あのダートの一流馬ゴールドアリュールで種牡馬としての活躍も知られるところです。

芝の大物はでないもののコンスタントに走る馬をだしていることから、いつ活躍してもおかしくない血統背景を持っています。あまり速い時計勝負なるとどうかという疑問はあるものの高い素質を持っていることは間違いありません。

アイビーSで負けたソウルスターリングは圧倒的な内容で阪神ジュベナイルフィリーズを制したように現時点での能力は高いレベルにあると考えていいと思います。

あまり活躍馬を輩出していないハービンジャー産駒ですがクラシックに向けて有力な一頭になるでしょう。今まで皐月賞や日本ダービーには縁がなかったですが、そろそろ一流馬が登場してもおかしくありません。

相手にはラフィアン総帥のトラストではなく、同じ池江厩舎から送り出される2戦2勝馬のディープインパクト産駒が狙い目。デビュー戦から強い競馬でねじ伏せてきたことを思えば逆転までありそうですね。
関連記事