脱・競馬初心者ブログ

ARTICLE PAGE

フィリーズレビュー2017予想データ傾向

報知杯フィリーズレビューは阪神競馬場の芝1400mで行われる桜花賞トライアル重賞レース。本番と同じ条件のトライアルであるチューリップ賞に有力馬が集まるためかG2グレードの割に評価は低く本番にもつながりにくい。人気馬と穴馬の組あわせで決まることが多く配当的な妙味が見込める。

関西で行なわれるレースということもあり、出走頭数、好走頭数ともに多いのは関西馬になる。ただ、好走率では関東馬の方が優勢というデータ傾向は見過ごせない。高配当や馬券を当てたければ関東馬の評価をしっかりと固めておく必要がある。

血統面ではサンデーサイレンス系が中心になりつつも、その他の血統の好走率は決して低いものではない。高配当や馬券を当てたいのならサンデーサイレンス系以外からの好走馬に目を配る必要がある。

こういった点を考慮して人気馬を軸に見込みのある穴馬までしっかりとカバーしておけば馬券の的中は問題ないはずだ。桜花賞よりも、このレース限定で走る1400mを得意とするタイプや早熟性の高い馬を有力視したいところ。

フィリーズレビュー2017予想ポイントをまとめてみたが追いきりタイムや調教コメントもしっかりと把握していこう。投資競馬で重要なことは情報をくまなく拾い集めることにある。よく分からないときはkeibasite.comの重賞レース分析を見るのが手っ取り早い。

キャリアの浅い馬たちのレースでありフケ(牝馬の発情期)がでてくる時期に近いことから一定の波乱リスクは常にあると考えておくべきだ。

阪神競馬場で行われるフィリーズレビューの決着時計は1分22秒台が平均となっており、京都競馬場より時計がかかることから単調なスピードだけでは坂でバテる可能性が高くなる。距離適性はマイルぐらいまであった方が確実性は高まるはずだ。
関連記事

0 Comments

Post a comment