脱・競馬初心者ブログ

ARTICLE PAGE

阪神大賞典2017ビギナーにおすすめの理由

2017年の阪神大賞典は競馬初心者に向いた重賞レースだと思います。

素人だろうが玄人だろうが変わらないこと。それは、着差のつくレースを選ぶということです。あなたは本気で0.1秒差に数頭も入るようなレースを予想だけでなんとかしようと考えてないですよね?そういうレースは少しの実力と多くの運が試されることになります。

本当に競馬予想の実力がレース選びにあります。しっかりと着差のつくレースを選ぶことで競馬予想がしやすく収支も安定させることができる。長年におけるプラスにし続けた競馬必勝法の一部です。これはkeibasite.com競馬理論の一部なのですが、きちんと許可をもらって掲載しているため問題はありません。

この着差がつくレースならオッズが1倍台だろうと関係なし!そういうレースだけの馬券を買うと高い的中率になるため負けようがありません。ただ、そういうレースは年にいくつあるかというレベルになる。事前に着差をつけて勝つような馬がどれだけいるのか検討してみてください。そのうち実際に勝つのはどれくらいか?

この精度が本命馬券の成功要因として必須なのですが、これは死にもの狂いの真剣勝負を通してでないとみにつかない。それは同じ道具を使う大工でも仕上がりに差がでるのと同じです。

阪神大賞典はしっかりと着差がつくレースなので予想しやすい。こういったレースでしっかりと着順予想を成功できるかが大事なのです。すべてのレースで精度の高い予想をするのがプロというわけではありません。

こういう互角が今も昔もなくならないのは予想力信仰が無条件で信じられているからでしょう。そして、競馬関係者は競馬に詳しいという誤解も同じです。

関係者は競馬の一部というだけであり、むしろ競馬に詳しいのはデータを通して分析している人たちになります。競馬関係者がうまいのはサラブレッドの扱いだけであり競馬予想がうまいと考えるのは論理の飛躍でしかありません。

この誤解を解くにはkeibasite.com競馬理論を学ぶのが一番の近道と言えるでしょう。競馬予想が天才的に上手くても勝てない理由が理解できるようになります。

関連記事

1 Comments

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2017/03/02 (Thu) 21:33 | EDIT | REPLY |   

Post a comment