脱・競馬初心者ブログ

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松宮記念2017予想穴馬

あいつぐ有力馬の脱落という事態におちいっている2017年の高松宮記念。これでG1レース格かと思うが昨年も重賞レース未勝利馬が勝ったことを思えば、日本のスプリントはこんなもんかと冷静になってくる。

今年は香港からの遠征はないとのことで香港馬券で攻めることもできないという的中への糸口が見つからない。どれが1番人気なのかさえ予想オッズが想像つかない有り様では無理はないか。あまり1頭に絞り込む馬券よりも手広くボックスで穴目を拾うことを考えたほうがいいのかもしれない。

それでも一応注目している穴馬を挙げるならヨハネスブルグ産駒ネロだ。あまりマークされると走らない穴馬気質の持ち主なので気軽な人気の時に狙い打ちたい馬。前走がだらしないものの高速馬場でできるようならワンチャンスあってもいい。最近はスプリントでもペースは上がりにくいこともありラクにハナを切る展開になれば楽しめそう。

過去のレースデータ傾向を見ると配当は荒れにくいことがわかる。今年は混戦なので堅くはおあさまらないもののオッズが分散するので意外と3連単がつかないという可能性もある。高松宮記念2017の枠順確定を待ってから予想しても遅くないだろう。あまりに事前きめうちできるレースではなく追い切り調教をじっくりと見て色々なレース結果を想定しておきたい。

レースが荒れるとき、それは雨が降り続いた時だろう。そもそも重馬場データが少ないので未知の馬が好走しやすい。その馬場でも楽しめるネロさんは狙い所としては優秀ではないかと思えてくる。そんな狙いを続けても当たる穴馬は確率的にわずかなのだが、そういう盲信がなくては穴馬など狙えない。

レース直前まで気が抜けないレースになるためパドックもきちんとチェックしておきたい。個人的に利用しているのが4keiba.comのパドック診断。馬主にアドバイスをしているエージェントが診断しているため自分の競馬予想に役立てることができる。これだけで万馬券が当たるとかは期待しない方がいいが予想補助としては回収率を高める手助けになるだろう。

最近は確信できる信頼馬が減ってきている。それだけ混戦化が進んでいるのでしっかりと情報をつかんでいくことが馬券的中への近道となることは間違いない。
関連記事

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。