ジャパンカップ2016予想キタサンブラックは買いだ

競馬初心者2
11 /25 2016
雨予報の週末になり日曜は良馬場にはならない可能性が高い。ジャパンカップ2016予想オッズでは上位混戦を示した通り、どう狙っていくべきか容易ではないレースとなっている。そのジャパンカップ2016予想で買うべき馬と考えているのがブラックタイド産駒のキタサンブラックである。馬主はレース優勝後に祭を歌う演歌界の大御所サブ北島で、その浮かれ具合に馬券を外した競馬ファンは悩まされてきたことだろう。もう、そんなことにならないためだけでなく、雨が残る宝塚記念で坂のある阪神競馬場を克服した今なら馬券の軸馬としてジャパンカップ2016予想の中心馬として買う価値があると判断した。

もうジャパンカップ当日に良馬場だったら迷ってしまうが雨が予定通りに振るならという条件がつく。父ブラックタイドはディープインパクトの全兄であってもタイプは全く異なっている。どちらかと言えばパワータイプの馬が多い傾向がありダートで活躍する馬も少なくない。そういった点から軸馬にしようと考えたのだが現時点でのジャパンカップ2016予想オッズでは1番人気に支持されているのが気になっている。人気になった途端に走らなくなる馬がいるのは過去のジャパンカップだけでなく馬券を通して体験してきたことだからだ。だから、1番人気だったら他の軸馬候補からも馬券を買うかも知れない。

次の軸馬候補として考えられるのが3歳馬ディーマジェスティだ。この年末のG1レースだからこそ斤量のアドバンテージがある馬を選ぶたいと考えた。重馬場の経験はないのだが洋芝で活躍する馬が多かったジャネラスの血統にブライアンズタイムという非常に重い血が流れている。雨が降る馬場はジャパンカップ2016予想において恵みの雨となる可能性が実に高いのだ。父ディープインパクトから瞬発力を受け継ぎ、母の血統からは無類のパワーを受け継いでいる。これほどバランスの良い馬はなかなかいないだろうと思う。3歳勢のレベルがハッキリしないからこそ今回のジャパンカップ2016予想では軸馬として馬券戦術に絡めていきたいと考えている。

あまり大波乱はなさそうだが気になるのが外国馬だ。例年ならいらないが今年はタフな馬場になることで外国馬の目がでてきたように思う。ジャパンカップ2016予想では忘れられし存在になっている外国馬も今回ばかりは上位に顔をのぞかせる可能性は低くなさそうだ。パワー優勢のドイツ血統が遠くから遠征しておきており天気の恵みを一気に受けることは間違いない。ほどよくクッションが効く馬場で人気がなければ抑えておくことも考えている。

最後にジャパンカップ2016予想を参考したいサイトを紹介したい。公開予想で8年プラスを達成しており当日の発走前に予想を見ることができる。スプリンターズステークスは10万馬券を獲った人も多く無料なので見逃さないようにしたい。

競馬必勝法のウソ

競馬初心者
11 /12 2016
ネット初期は、データをまさぐれば勝てた時代もあるが、高度情報社会となった今では通用しない。

ボタン一つで初心者でもデータ分析が出来てしまうTARGET(ターゲット)は画期的なソフトであるがゆえに、利用者が多くなればなるほどオッズは低くなってしまい自然とうま味はなくなる。
一般化した今では、ターゲットを利用して当たり前であり、金がもったいないから利用しないという人間は絶対に勝つことはできない。
スタートラインに立っていないのと同じで馬券を買うだけ無駄である。
最低限必要な情報さえ分からない人は色々と無駄なので、とっとと止めた方がいい。

いまだ競馬情報商材が横行しているようだが、根本的に“手法”で勝てるほど競馬には必要な情報が揃っていない。
情報が揃っているレースがあるとしても、見抜いたかどうかはレース後にしか分からず事前に証明する手段がない。
全ては不確定事項を前提に予想するわけで、結果が出て初めて必勝法となるものは矛盾している。

つまり、どう着順に入るかまで事前に予想し証明できなければ必勝法でも何でもないわけだ。
事前に証明する手段などないので完璧な競馬必勝法はないことになる。

勝つ確率が高い手法は存在するが、リスクをゼロにすることはできない。
勝てる・勝てたのは3連単オッズのバラツキをついたユープロ系の投資手法だが、いまの抜け目がない3連単オッズでは厳しい。
しかも税金を加算されると破産できない借金を背負うオマケつきである。
今となっては利よりリスキーでしかない危険な投資手法となってしまった。

限定的にリスクが少ない投資法は存在しえるだけに、探すなら低リスクの投資手法の模索に目を向けた方が現実的である。

それを実現できるサイトと言えばkeibasite.comだろう。無料で情報公開し圧倒的な実力を見せつけている。
今までにない高精度な手法により分析されてから出された買い目を自分の好きなファクターでカスタマイズするだけで自分だけのオッズゾーンでプラス収支を目指すことができる唯一のサイトと言ってもいい。

実際にハズレても手に取るように分かる精度の高さは実感できるところでここならと思わせてくれる。
誰も狙い撃ちできないような穴馬で8年プラスを達成してきたのもすごいところだ。

ほかに無料で配信されている軸馬は物凄い精度を誇っている。これはエージェントから得られる馬体診断の成果だそうで今までにない投資競馬を実現してくれるのではないかという期待感であふれている。

まずは、あなた自身の眼でその実力を体感してみてはいかがだろうか。

参考:競馬必勝法

有馬記念を楽しもう

競馬初心者2
09 /14 2016
過去10年の単勝人気別の成績をさかのぼって分かってきたことがあった。まず有馬記念を制した馬は、すべて単勝5番人気以内に支持されていたということに気づいた。ただ、5番人気で勝った3頭のうち2頭が単勝オッズ10倍台(1998年グラスワンダー=14.5倍、2005年ハーツクライ=17.1倍)だったこともあり2ケタ人気の馬にもチャンスはあるようだ。また、6番人気以下の馬からは、10頭が2、3着に入っているが、連対率、3着内率で見ていくと低調な数字を示しているようにデータ上では苦戦と言っていい。

有馬記念では、その年または前年の日本ダービーで3着以内に入った馬が連対する傾向をご存じだろうか。どちらも、日本競馬において多くの競馬ファンを動員する最高峰のレースであり質が高いことが好走要因として挙げられる。そこで求められる適性は大きな舞台ほど役立つと考えるべきだろう。今年の出走馬の、日本ダービーでの成績に注目してみてはいかがだろうか。

この10年で有馬記念を優勝したのは、3歳馬と4歳馬が中心になっていることを馬券を買う上で忘れてはならないだろう。なぜか5歳以上の競走馬は、まったく勢いのない劣勢データを示している。調教技術の進歩や施設の改善などによって、競走馬の活躍期間が長くなっている反面、有馬記念では斤量的に有利な3歳馬(牡55キロ・牝53キロ)や充実期を迎えた4歳馬といった若い世代に有利なレースと言うことができる。

前走で出走していた単勝人気別の成績データを集めてみたところ、圧倒的な好成績を収めている傾向が分かってきた。それは、前走で単勝1番人気に支持されていた馬たちがやけに好走する確率が高いということである。。7頭の優勝馬を出している他、勝率、連対率、3着内率すべてのカテゴリーで高い好走率を叩きだしており馬券の狙いとして重要な要素を占めている。前走2番人気馬が続くが、前走3番人気馬から低調な成績になるため気を付けたいところ。こういったデータを駆使して有馬記念の予想を攻略していってほしい。

札幌記念2016予想の消し馬

競馬初心者38
08 /18 2016
予想オッズ1番人気モーリス。ここでは能力は違うが初距離で割引必要。ただ、血統背景からこなせる余地が高いため消しまでにはいたらず。調教師や騎手のコメントを参考にして取捨を決めたい。この相手ならなんとななっても不思議はない。得意なのはマイルかも知れないがここで勝てるようなら天皇賞秋に弾みがつく。中距離に対応できると見ればマイル路線には行かない可能性も考えられる。それはそれで面白そうではあるが最強マイラーとしての地位も気になるところ。できればスクリーンヒーロー産駒どうしでの争いが見たいところだ。

さて、いらない消し馬の対象にすべきなのはヌーヴォレコルトである。もう旬が過ぎており武豊というのも手が合っておらず期待値は低い。予想オッズ2番人気のままなら消しでいい。意外と燃え尽きやすいハーツクライ産駒でもあり一度低迷すれば二度目の復活は難しいだろう。特に今年は2戦して勝ち負けできていない点は憂慮すべきだろう。もう、子供をうむべき牝馬ということもあり母親になりたがっている可能性もある。かつてのオークス馬ではあるが次々と追い抜かれてきた現状を重く考えたい。

いよいよマカヒキの欧州第一戦が近づいてきた。相手は格下ばかりなようで勝ち方が問われるところ。
できれば圧勝して日本馬ここにありの力を示して欲しいが本番でマークがきつくなっては意味がない。
何とも悩ましいところだが、まずは無事に出走にこぎつけてもらいたい。

さて、スプリンターズSの前哨戦となるセントウルSがやってきた。夏競馬も終わりサマーシリーズのつまらなさを実感しつつ秋競馬の開幕となった。

低調なスプリント路線にあらわれたサクラバクシンオーの申し子ビッグアーサー。脅威のレコードで圧倒した高松宮記念は馬場が味方したという見方もあるようにここで地力を再確認したい。

短距離王ロードカナロアが一度も勝てなかったレースといういわくつなだけに58kgを背負って楽に勝てるほど楽な舞台ではない。
先を見越した仕上げならなおさら。負ける可能性も高いだけに他馬の単勝を買いつつプラス収支を目指していこう!

【口コミ】keibasite.comで100万馬券的中者がでた!?【報告】

競馬初心者38
08 /07 2016
やべえマジやべえ!すげー穴馬を当ててきやがった!

今日の小倉8Rは凄かったわ。15番人気ダイゴマサムネが2着に激走しやがった。
しかも公開予想だし、軸馬が勝ち馬だから獲れた人いたっぽい。3連単150万馬券だからウハウハだわな。

しかし、3頭しかピックアップしてないのに4番人気と15番人気の1、2着を当てるってありえんだろw
さすが1億円を当てた馬券師とタッグを組んで独自理論を次々と生み出してるだけあるわ。

とにかくムダな馬券を買わせないという意気込みが凄い。そら8年プラスにもなるよな。ちょっとマネできねえよ。
さんざん2chとかにコピられてきたサイトだから直前にしか見れないけど、まあ時間がある人は見ておかないと損するぞ、マジで。

kokura08.gif

函館記念2016予想

競馬初心者37
07 /13 2016
枠で決まると言っても過言ではないレースで内枠有利が顕著なレースとなっている。まずは内枠に入った馬から検討すべきだろう。

とりあえず枠順確定してから外枠は割り引いて考えるのがセオリーな狙いと言えそうだ。函館競馬場は小さく混雑しやすいだけに馬群から抜けてくるかは運の要素も絡んでくる。

雨が降ればタフな馬場に変わりやすい洋芝ということで天候も結果に大きな影響を与えてくる。幸い週末は晴れのようなので馬場悪化にしては気にしなくて済みそうだ。

このレースは3着争いなら格を気にしないで狙うことができるが逆に狙いがボケやすくもなり穴から入るのはセンスがいる。しっかりとした軸馬を決めて買うのがベターな馬券戦略と言えそうだ。

昨年の勝ち馬ダービーフィズは、洋芝への適性が高いことから馬券には加えておきたい1頭。グレイソヴリン系との相性も良い傾向がみられる。

その血統傾向からジャングルポケット産駒バイガエシも注目したいところ。1000万下を勝ったばかりの条件馬だが、3歳の神戸新聞杯では4着に好走している。堅実な走りを見せている馬だけに人気でも抑えには必要だろう。

若い馬ほど活躍する傾向があるアイビスサマーダッシュ。

ただ、今年は5歳馬以上の比率が高いことから荒れる予感がムンムンと漂わせている。あえて若い馬からいくという手もあるが買いづらい馬が揃ったこともあり狙いは絞りづらい。

芝の1000m戦は、北海道の新馬戦を除けば新潟でのみ施行されていることから圧倒的にデータが少ない。そのため思わぬ穴馬がでるというケースが大半で軸馬には実績馬をすえるほうが馬券は買いやすくなる。

この点からみて昨年の優勝馬ベルカントは非常に買いやすい1頭と言える。もう1つの傾向に牝馬が活躍しやすいこともあり軸馬としての人気は避けられそうもない。とりあえず買っておかなければならない馬と言えるだろう。

1000mでの実績があるネロやプリンセスムーンの人気もうなずけるところ。ただ、上で書いたように施行回数が少ない条件だけに常に穴馬が食い込んでくる余地がある。その点から実績馬から穴まで手広く買うのが攻略のセオリーになる。

宝塚記念2016波乱はありえない

競馬初心者37
06 /25 2016
宝塚記念に出走するドゥラメンテが強いというより他がぱっとしないというメンバーの中での1番人気。

頭鉄板とは思わないが馬券圏内は堅そうなイメージで大波乱まではない見込み。

頭まであるなら底を見せていないアンビシャスか。

スタミナに不安を残すものの勝負にでた時のノリは怖い。

この時期の阪神はスローペースでもタフさは必要なのでキタサンブラックの評価がここで固まりそう。

実際に枠と馬場と展開に恵まれてきた感が強いだけに馬券圏外に飛べば強くない認識で合っている。

運も強さの内ではあるものの、そればかりでは面白くないのが競馬。

実力伯仲の競馬が見られれば結果はどうあれ満足できる。

最近は、地味に武豊が復活してきて馬券の売り上げも増えている。武豊が紙面をにぎわすと昔の購入者が戻ってくるということなのかも知れない。

そんな豊は、1番人気になりそうなブラックスピネルに騎乗してくる。大外枠で57kgと条件的には苦しいが実績的には一枚上だけに今の勢いに賭けてみる手もある。

実際に1800mでは3戦して馬券圏外もなく大凡走は考えにくい。金子真人のように得体の知れないツキの持ち主がいるように流れというのは勝負において重要な意味を持っている。

今の良い流れだからこそ武豊から買うという選択肢はオカルトでも何でもない。

この馬に対抗しうる馬がどれだけいるだろうか。斤量には恵まれたが同時に実績では劣るだけに買い材料が多い馬を狙いたい。

気になっているのはドリームジャーニー産駒ミライヘノツバサ。小倉記念での鮮やかな勝利は夏になると蘇ってくる。親父は融通のきくタイプだっただけに距離短縮で嫌われているなら拾いたい。

小回りの中山コースで2勝と親父譲りの巧者だけに、休養を挟んでの覚醒に期待してみたい。

夏競馬の馬券傾向

競馬初心者36
06 /14 2016
夏競馬は得意な人と苦手な人とハッキリと分かれることが多い。

その理由としては、降級からの再編となるため力関係を把握していないと馬券が絞れないからだろう。しばらくは格上の馬がいるからいいが、その馬たちが抜けてくると段々とレースが荒れてくるのがパターンだ。

そうなると、ただのローカル戦と変わらないため、より深いレース分析が必要とされる。

どの穴馬が絡むか見当がつけば面白いのだが、分からなければ苦行になってしまう。夏競馬が深まるにつれ個人のスキル差がでてきやすくなる。実力のある人は夏競馬で収支を稼ぎ、逆に分からない人は収支を落としていく。

ある意味では夏競馬のスキルが1年を決めると言ってもいいだろう。とにかく予想に時間がかかることは避けられないため根気よく頑張れるのなら、それだけで夏競馬でプラスにできる可能性は上がってくる。

ここは1つ心を決めて夏競馬でローカル耐性をつけてしまえば穴馬ランドに行けるチケットが手に入るかも知れない。

今年も夏競馬がやってきて一筋縄じゃいかない臭いがプンプンする今日この頃。
さっそく200万円馬券が飛び出しサマージャンボな様相を呈して参りました。

ようしこうなったら穴狙いだといって肩すかしを喰らうのが競馬の常。
ちゃんと馬券として買える馬を見つくろっていきたい。

少し雨が残った馬場も時計の出方を見る限り時計がかかる印象なし。
まずはスピードが求められる馬場と考えたい。

そこから狙いたいのがアクティブミノル。
少しでも安定感を欠くと人気が落ちるが単勝の魅力にあふれている。
高松宮記念は、今までにない差す競馬であわやの3着と地力のあるところを見せた。
気分屋なのだろうがストームキャット系ということを考えれば洋芝で買いたい。

あとは3歳馬のシュウジも気になるが持ち時計がない。
ただ、今までスプリンターとしての資質は見せており軽い斤量なら見過ごせない。
古馬のレベルが高いというわけでもなく好走に注意したい。

あまり大穴は狙いづらい構成だが果たして荒れるのか。
1分7秒台のスピード決着なら荒れなさそうだが、はてさて。

安田記念2016予想モーリス順調

競馬初心者36
06 /02 2016
香港で圧勝してからの海外帰りということで体調面が心配されている。
しかし、このローテでだしてくる以上は状態は良いと考えたい。
昨年に比べれば相手関係も軽く堅いG1レースになる可能性がある。

それよりも、このレース主導権を握りそうな馬がいない。
スタート良ければレッドアリオンが行くのだろうがテンの速さではモーリスに分がある。
押し出されての逃げという可能性はゼロではないだろう。

マークする側にとってこれ以上の展開はない。
フタを開けてみないと分からないが例年よりスローペースになると考えるべきだろう。

初距離になるリアルスティールは、わざわざマイル路線に手を出してきた。
これが吉とでるかは微妙だが手薄なメンバーだけに恰好はつけたいところ。
福永に戻って逆転があるかと言えばなかなかイメージが沸かない。

皐月賞馬イスラボニータなどメンツはいるが、どうも陰りが見えるタイプが目につく。
これといった波乱は考えにくいもののモーリスが自滅ということになれば大波乱もある。

関西馬しか勝っていないレースということで馬券戦術は立てやすい。
そんな時に限って今年は関東馬が勝ちましたなんてことになったりして。

ただ、この呪縛は昨年に出走したエイザベス女王杯馬でも破ることができなかった。
これだけ強力なデータなら開き直って関西頭で買うのが漢ってもんだろ。

パッとみて買いたいのはレッドオリヴィア。
準OPで足踏みをしていたが走ってきた相手は強豪も含まれている。
相手なりに走るが牝馬同士なら頭があってもいい。

秋華賞2着タガノエトワールも気になるが最近は走りがかみあってない。
あまり坂がいいタイプでもなさそうだが人気がなければ抑えるべきだろう。

日本ダービー2016予想展望

競馬初心者36
05 /25 2016
皐月賞でディーマジェスティが見せた末脚はフロックなのか。それとも本物なのか。

その答えは日本ダービーの結果でハッキリするが、私見では二冠の可能性は十分にあると考えている。
あそこまでの変貌ぶりを見せた馬は近年にはいないことから常識にかからない馬だと判断したい。

昔でいえば脚質こそ違えどサニーブライアンの雰囲気と似たものを感じている。
ただ、オッズはその時ほど落ちることはなく予想オッズでは2番人気に支持されているように甘くはないか。

皐月賞2着のマカヒキにおいては、短距離血統というのがどうも引っかかる。
さらに距離が伸びていいタイプではなく追い込み一手の脚質からも馬券圏外もありそうだ。

穴馬で注目しているのは角居厩舎のヴァンキッシュランだ。
同じ厩舎のリオンディーズが人気になると思うが2400mでは上回る可能性は十分にある。

前走で見せたパフォーマンスは高く本番でも要注意の一頭と考えたい。

さすがき折り合いの不安があるリオンディーズは評価をさげざるを得ない。
この距離で引っかかると取り返しはきかず惨敗というシーンは何度もみてきた。

そのリスクを抱えてまで狙う馬かと言えば違うだろう。
デムーロ人気するのは明白であり、思い切りよくきって馬券的な妙味を得たいところ。

内すぎず外すぎないサトノダイヤモンドは有力馬の中では良い部類だろう。

データ上は好走率が少ないが、ほとんど迷信みたいなもので気にする必要性を感じない。内に有力馬が入ったことで監視しつつ立ち位置を決められるルメールは競馬がしやすいはず。相手の出方を見つつ、できるだけ有利な位置取りを考えてくるだろう。

それにしても皐月賞馬ディーマジェスティは最内というとんでもない枠に入った。蛯名の悲願であるダービー制覇のためにギャンブルできる枠ではあるが、今回はマークがきつくなることは避けられずメリットが大きいとは言えない。それを乗り越えて勝つようなら名実ともに世代一番馬として君臨することになる。

マカヒキについては小細工するつもりがなさそうなだけにどこでも良さそう。最後方からの競馬で外回しつつ届くかはペース次第な面もあり1番人気としては買いづらい。タメにタメてどこまで弾けるか直線だけに注目すればいい。

また外目の枠を引いてしまったリオンディーズはさすがに前には行けないか。デムーロがどう乗るか予測しづらいが思い切りよく下げて後方から内を狙ってくる可能性もありそうだ。

ダンチー

2,329,320円也

▽競馬歴:15年

負けて当たり前の競馬でどうすればいいか競馬予想のノウハウを提言。弱者は自分に都合の良い真実を信じるが、強者は真実を見抜く。